白髪染めで低刺激のカラーリングは?

白髪染めと言えば「」というイメージがあります。

たまにかなりお年を召したおばあさんが明らかに白髪染めをしたであろう
真っ黒な髪の人がいます。

あれってやっぱりちょっと不自然ではありませんか?
日本人の髪は基本黒髪と言われていますが、意外と少し茶色っぽいものなんです。
siraga21
白髪染めの色の種類をおおまかに言うと以下のような感じです。

・明るい髪色
・やや明るい髪色
・暗い髪色
・黒髪

白髪のない若いころは、ほんのり茶色の髪だった人が白髪染めで真っ黒なんて
不自然ですよね。

逆に濃い色で染めると根元に生えてくる白髪が余計目立ったりします。
目立つからまた染めるの繰り返しなんです。

白髪染めと言ってもカラーを楽しみたいものです。
でも大抵の白髪染めは黒に近いカラーが多いです。

カラーリングのように明るいカラーに白髪を染めたいという人もいます。

でも明るいカラーにするということは脱色をするのでそれだけ髪に負担
かかって痛んでしまいます。

そんな中髪も痛まず、自分の好みの色に白髪染めできるのが
白髪染めトリートメントです。

最近ではカラーも増え、カラーを混ぜて使えるものもあります。
もちろん白髪染めトリートメントなので低刺激です。

染めたカラーが気に入らないと思えばそのままにしていたら1週間ほどで色落ち
してしまうのでその後にまた調合を変えてやるといいですね。

通常の白髪染めだと1回染めると切るかもっと黒いカラーで染めるしかありません。
だからいつも無難なカラーに染めてしまうのかもしれませんね。

白髪染めも楽しみながらやるといいですよ。

あわせて読みたい関連記事

    None Found

コメントを残す