白髪染めのアレルギーに注意!こんな症状は危険

白髪染めを自宅でしたり、美容院で染めたりする人が多いですね。
もう10年以上白髪染めをしている人や、最近始めたという人もいます。

白髪添めをして感じることはいろいろあります。

・パサつく
・切れ毛
・きしむ
・指通りが悪い
・ヒリヒリする
・ぶつぶつができる
・痒み
・皮膚が赤くなる

このような症状の中でパサつきやきしみはほとんどの人が感じていることですが
ぶつぶつ痒み皮膚が赤くなったりするのはアレルギー反応なので危険です。

食べ物を食べた時にも嘔吐したり痒みがでたりするとアレルギーを疑いますよね。
それと同じことです。

kabure

このかぶれなどのアレルギーを引き起こす原因として白髪染めに含まれているのが
酸化染毛剤です。

酸化染毛剤は髪にしっかりと色をいれるには必要です。
しかし体質肌状態によってはかぶれなどのアレルギーを起こす原因にもなります。

アレルギー症状は1回目から出る人もいれば何年も経ってからある日突然出る人も
います。

一度症状が出ると次に使用した時も必ずと言っていいほど症状が出ます。

2回目は1回目よりももっとひどい症状になることもあり危険です。
またこのアレルギー症状は一度発症すると一生続くと言われています。

白髪染めによるアレルギーがあるかないかを調べるためには、
毎回染める48時間前パッチテストをすることが大切です。

いつも使ってる白髪染めだから大丈夫などと安心してはいけません。
今まで大丈夫だったのに突然アレルギー症状が出ることがあります。

パッチテストで異常を感じたら必ず白髪染めを中止してください。

あわせて読みたい関連記事

    None Found

コメントを残す