利尻昆布ヘアカラーの成分検証!その効果は?

TVCMでお馴染みの「利尻昆布ヘアカラー」の成分って知ってますか?

利尻昆布ヘアカラー
その名の通り利尻昆布エキスがたっぷり入っています。

その他28種類の天然植物由来の成分も入っています。
例えば

・アルニカ
・オランダカラシ
・オタネニンジン
・セイヨウキズタ
・ローズマリー など

主な成分の利尻昆布には以下のような特徴があります。

ミネラル
・髪を健康な状態に保つ

フコイダン・アルギン酸
・髪と頭皮のうるおいを保つ

ぬめり
・痛んだ髪を修復する

利尻昆布だけでも十分髪や頭皮に良いのに他にもたくさんの天然由来成分が配合されて
いるのだから、利尻昆布ヘアカラーは髪にいいというのがよくわかります。

使い続けていくと髪につやがでて、クシ通りがすごく良くなるのが実感できます。

白髪染めをしていると、髪がパサついてギシギシした感じになって指さえ通りにくいと
いう人もいます。

そんな人がこの利尻昆布ヘアカラーを使うと嘘のようなツヤツヤの髪になれた
喜びの声があります。

こんなに痛んでるからもう切るしかないかも・・・と諦める前に利尻昆布ヘアカラーを
使ってみるのをおすすめします。

また天然成分なので、白髪染めはかぶれるから使えないという人なども安心して
使えます。

白髪染め特有のあの臭いもないから臭いに敏感な人にもおすすめです。

白髪染めでヘナを染めるメリットとデメリット

白髪染めの方法の1つとしてヘナがあります。

ずっと白髪染めをしてきたけれど髪や体のことを考えるようになったら
ヘナに行きついたという人が多いです。

ヘナはご存知のように天然の染料なので体には安心です。
そんなヘナにもメリット・デメリットがあります。

メリット
・天然の染料だから安全
・髪にダメージを与えない
・安く染められる
・自分流にアレンジできる
デメリット
・寒い時は染まりが悪い
・体が冷える(体温を下げる)
・準備と染めに時間がかかる
・色落ちが数日続く
・質的に良いものと悪いもの見分けがつきにくい

どんな白髪染めの商品でもメリット・デメリットがつきものです。
しかしデメリットにかぶれやアレルギーがある場合はやはり体にはよくないですね。

市販の白髪染めは化学染料を使っているのでどうしてもアレルギー反応が
でてしまう人がいます。

でも白髪染めは一度始めるとやめられないのが現実です。
ほおっておけば増えるばかりです。

hena

そんな時に白髪染めできるのがヘナなんです。
ヘナを使っている人で染まりが悪いという人もいます。

染まりが悪いと思ったら置き時間を少し長くすることができます。

市販の白髪染めは決められた時間以上に置くと、髪が傷んだり
パサつきがひどくなったりします。

ヘナはそれがないのがとってもありがたいです。
ヘナは白髪染めの救世主なのかもしれませんね。

白髪染めで低刺激のカラーリングは?

白髪染めと言えば「」というイメージがあります。

たまにかなりお年を召したおばあさんが明らかに白髪染めをしたであろう
真っ黒な髪の人がいます。

あれってやっぱりちょっと不自然ではありませんか?
日本人の髪は基本黒髪と言われていますが、意外と少し茶色っぽいものなんです。
siraga21
白髪染めの色の種類をおおまかに言うと以下のような感じです。

・明るい髪色
・やや明るい髪色
・暗い髪色
・黒髪

白髪のない若いころは、ほんのり茶色の髪だった人が白髪染めで真っ黒なんて
不自然ですよね。

逆に濃い色で染めると根元に生えてくる白髪が余計目立ったりします。
目立つからまた染めるの繰り返しなんです。

白髪染めと言ってもカラーを楽しみたいものです。
でも大抵の白髪染めは黒に近いカラーが多いです。

カラーリングのように明るいカラーに白髪を染めたいという人もいます。

でも明るいカラーにするということは脱色をするのでそれだけ髪に負担
かかって痛んでしまいます。

そんな中髪も痛まず、自分の好みの色に白髪染めできるのが
白髪染めトリートメントです。

最近ではカラーも増え、カラーを混ぜて使えるものもあります。
もちろん白髪染めトリートメントなので低刺激です。

染めたカラーが気に入らないと思えばそのままにしていたら1週間ほどで色落ち
してしまうのでその後にまた調合を変えてやるといいですね。

通常の白髪染めだと1回染めると切るかもっと黒いカラーで染めるしかありません。
だからいつも無難なカラーに染めてしまうのかもしれませんね。

白髪染めも楽しみながらやるといいですよ。

白髪染めしてもかぶれないのはコレ!

たまに白髪染めした方がいいかも・・・って思える感じの人いますね。
白髪が少ない時や内側にはあるけれど外側にはないって感じであればまだOKです。

でもアラフォーアラフィフになると白髪がもう隠せない状態になりつつあります。
白髪があるとないとでは見た目の年齢も変わってきます。
kabure
そんな白髪が多い人の中に以前はしていたけれどかぶれた経験がある人がいます。

・痒みが出た
・ブツブツになった
・皮膚が赤くなった
・ヒリヒリした

こんな症状が出始めるとどうしても白髪染めから遠ざかってしまいます。

それは体に良くない化学成分が含まれていてそれに対してアレルギー反応
起こしたからなんです。

つまり化学成分が入らない天然成分でできている白髪染めを使えば大丈夫なんです。
それが今流行りの白髪染めトリートメントです。

安全な証拠に毎日使っても大丈夫です。

マニキュアタイプなので、髪の表面にマニキュアのように色を乗せるので
髪や頭皮や体にすごく優しいんです。

白髪混じりの髪でいると老けて見られるのもありますが、
人と会った時に髪を見る目線が気になってしまう人もいます。

つい隠したくなって年中帽子をかぶっっている人もいます。

白髪染めトリートメントならいつもキレイな髪でいられるので
行動範囲も広がって、ファッションも楽しめていいことずくめですよ。

白髪染めズバリ!おすすめは?

白髪染めっていつも決まった商品を使っていますか?
市販の白髪染めを使っている人は案外と毎回違うものを使っているようです。

白髪染に染める方法のタイプがあります。

・泡タイプ
・液タイプ
・クリームタイプ
・くし付ミルキータイプ

中でも泡タイプは根元染めなどの部分染めができないので毎回全体染めになります。
液タイプも1剤と2剤を混ぜて使用するので全体染めになります。

クリームタイプくし付ミルキータイプなどは根元染めなど部分染めに使って
残りはとっておけます。

毎回全体染めとならば泡タイプや液タイプでいいですが、パサつきや傷み
気になる人はやはりクリームタイプやくし付ミルキータイプを併用しています。

siraga20

でも全体染めの時と部分染めの時とのカラーが違っていたりすると
髪が伸びた時に色がまだらになったりして恰好悪いという悩みもあります。

1つの白髪染めで済ませることができればどれだけ楽か・・・
白髪染めトリートメントならできます。

洗髪の時にトリートメント代わりに週2~3回使うだけです。
部分染めとか全体染めとか気にすることもなく毎回全体につけて大丈夫です。

これなら1本常備しておけばいつも白髪なしの髪でいられるって人気があります。
それにもう全体染め用、部分染め用と白髪染めを揃える必要もありません。

楽してきれいな髪を手にいれましょう。

白髪染めの口コミ★みんなが気になっているのは?

白髪染めって一度染め始めるとエンドレスってイメージありますね。

白髪がする少ない時はいいけれど、ある程度数が増えてくると
ちょっと白髪が伸びただけでも目立ってしまいます。

染めたい!という衝動にかられても前回染めたのが2~3週間前だと
髪のことを考えるとちょっと躊躇してしまいます。

siraga19

染める頻度は1か月~2か月の人が多いです。

美容院にカットに1か月に1度行く人もいるから、1か月に1度の白髪染めなら
そうでもないのでは?と白髪のない人は思うかもしれません。

それがとてつもなく面倒なんです。
白髪染めのどんなところがイヤなのか

・前準備が大変(汚れないように)
・液剤が飛ぶことがある
・タオルが汚れる
・髪が痛む
・パサつく
・1か月くらいするとまたしないといけない

汚れないように準備も大変だし、染めた後は髪が痛みがちなのでヘアケア
結構大変です。

いつも白髪のない髪でいたいのは当然ですが、それがなかなかうまくいかない
ものなんです。

そんなウィークポイントを解決してくれるのが白髪染めトリートメントです。
トリートメントと称しているようにトリートメント効果があります

白髪もなくなって髪もキレイになるってことなんです。
それに毎日使ってもOKなほど髪や頭皮に安全です。

むしろこれは1か月に1度使うものではありません。
普段のトリートメントを白髪染めトリートメントに代えるだけなんです。

これなら自分に白髪があるなんて忘れてしまいそうになります。
体と髪のことを考えたら白髪染めトリートメントしかないかもしれませんね。

白髪染めみんなが選ぶ人気ランキング

白髪染め自宅派の人は人それぞれ使っているのが違いますね。
市販の白髪染めなどはドラッグストアなどで手軽に購入できるので便利です。

いつも同じものを使うという人もいれば、その時安くなっているものを使う
という人もいます。

白髪染めを使うときに求めるものも人それぞれではないでしょうか。

・成分
・コスパ
・使い心地
・手軽さ
・髪が痛まない

中でも髪が痛まないというのは誰でも願うことですが、なかなかそれが難しいのも
現状ですね。

より痛みにくくするには美容院で染めるのがいいのはわかってはいるけれど
やはりコスパが・・・ですね。

なので自宅で自分でして、その後トリートメントなどをしっかりしたりします。
このトリートメント代がかなり高かったりします。

siraga18

安くて髪に負担がかかる白髪染めをして高価なトリートメント
必死にお手入れする。

これってちょっとおかしくないですか?

それならコスパもよくてトリートメント効果もあって髪や頭皮にも負担がかからない
白髪染めトリートメントを使うのがいいのではないでしょうか。

白髪染めトリートメントはTVCMなどでもいろいろと見かけるようになりました。
中でも利尻ヘアカラートリートメントは使うごと髪に潤いがでると人気があります。

売上実績も2年連続1位なんですね。
リピート率も高く、口コミで人気が高くなっています。

やはり使ったことがある人の感想などをチェックするのは大切です。
より多くの人がいい!という商品はそのままランキングに反映してくる
わけなんですね。

白髪染めで比較!本当のアンチエイジングは?

白髪って誰でも生えてくるものだからと諦めていませんか?
白髪を1本でも見つけたら、それ以上増やさないように対策をとることも大切です。

肌にシミシワを見つけたら、アンチエイジングと称して
美容液をつけたり、パックしたり、マッサージしたりする人も多いです。

頭皮は顔の延長つまり同じ皮膚なので、栄養が足りなかったりすると白髪になるわけです。
白髪を増やさない対策として以下のようなことがあります。

・白髪の原因を知る
・生活習慣を見直す
・髪に良いものを食べる
・頭皮マッサージで頭皮の血行をよくする

一度白髪になった髪は黒髪には戻らないと言われています。
なのでこれ現状以上増やさないためにも、頭皮や髪にいい白髪染めを使うようにしましょう。

massage

市販の白髪染め美容院でのヘアカラー髪や頭皮に負担がかかりすぎます。
化学染料などが体に蓄積して他の病気になったりします。

40代にもなると体にもいろいろ変化が現れてきます。
当然のように化粧品20代で使っていたものは使わず、アラフォーを意識したものに
変えたりします。

髪も同じで、これ以上髪や頭皮に負担をかけないようにするには
白髪染めヘアカラートリートメントを使うといいですね。

加齢で元気のなくなった髪にうるおいや栄養をたっぷりと与えてくれます。
そうすることで白髪が増えにくくなるということもあるわけですね。

40代からの白髪染め!人気のヘアカラートリートメントとは?

白髪って何歳くらいから生えるのでしょうか。
平均は35歳くらいだそうです。

それから年齢とともに増えていき55歳くらいには髪の2分の1を占めるようになります。
若白髪と言われる人は20代や10代、なかには小学生でもいます。

白髪の原因にはどんなものがあるのでしょうか。

・加齢
・ストレス
・食生活
・遺伝性
・血液循環の衰え

中でも加齢は皆が通っていく道でもありますね。
35歳くらいと言えば身体が下降してくる時期でもあります。

40代になると更年期に入る人も現れます。

siraga17

年齢とともに肌がうるおいが少なくなったり、シミやシワができるように
毛髪に栄養がうまくまわらなくなったりして白髪が生えやすくなります。

つまり白髪は肌同様にうるおいや水分量も少なくなっています。

そんな疲れた髪に若いころと同じような白髪染めを使っていては
よりサパつきがでたり痛む一方です。

40代になったら化粧品を変えるように白髪染めも変えるのをおすすめします。
より髪や頭皮に優しく負担が少ないと人気なのが利尻ヘアカラートリートメントです。

体に有害な化学染料も入っていない、マニキュアタイプトリートメント効果も高い
人気が高いです。

使えば使うほど髪がキレイになると評判が高いです。
一度ためしてみる価値はありそうですね。

白髪染めのアレルギーに注意!こんな症状は危険

白髪染めを自宅でしたり、美容院で染めたりする人が多いですね。
もう10年以上白髪染めをしている人や、最近始めたという人もいます。

白髪添めをして感じることはいろいろあります。

・パサつく
・切れ毛
・きしむ
・指通りが悪い
・ヒリヒリする
・ぶつぶつができる
・痒み
・皮膚が赤くなる

このような症状の中でパサつきやきしみはほとんどの人が感じていることですが
ぶつぶつ痒み皮膚が赤くなったりするのはアレルギー反応なので危険です。

食べ物を食べた時にも嘔吐したり痒みがでたりするとアレルギーを疑いますよね。
それと同じことです。

kabure

このかぶれなどのアレルギーを引き起こす原因として白髪染めに含まれているのが
酸化染毛剤です。

酸化染毛剤は髪にしっかりと色をいれるには必要です。
しかし体質肌状態によってはかぶれなどのアレルギーを起こす原因にもなります。

アレルギー症状は1回目から出る人もいれば何年も経ってからある日突然出る人も
います。

一度症状が出ると次に使用した時も必ずと言っていいほど症状が出ます。

2回目は1回目よりももっとひどい症状になることもあり危険です。
またこのアレルギー症状は一度発症すると一生続くと言われています。

白髪染めによるアレルギーがあるかないかを調べるためには、
毎回染める48時間前パッチテストをすることが大切です。

いつも使ってる白髪染めだから大丈夫などと安心してはいけません。
今まで大丈夫だったのに突然アレルギー症状が出ることがあります。

パッチテストで異常を感じたら必ず白髪染めを中止してください。